愛知県清須市の子育て支援 子育てを、チームで。こどもを育てることは、まちの未来を育てること。

子育てコンシェルジュに相談する

妊娠期向け支援の紹介 こどもを授かるところから、
育て上げるまで。
ずっと、ずっと。まちのみんなで。

こどもを産んで育てることが、
不安な世の中でいいはずがない。

だから、清須市は、つくります。
もっと安心して結婚し、子育てのできるまちを。
そして、父や母としての役割を果たしながら、
個人の夢や目標にもチャレンジできるまちを。

だから、「子育てを、チームで」。
こどもを授かるところから、育て上げるまで。
かかるお金や時間、心の負担をできるだけ軽くし、
もっと、のびのびと子育てをしてもらえるように。
こどもを育てやすいまちはきっと、未来が育ちやすいまちになる。

妊娠期向け支援の紹介 不妊治療費を全額助成
「こどもがほしい」を応援します

妊娠期に配布される母子健康手帳、パンフレット、産後ケア事業の紹介などの資料

「こどもがほしい」。
その想いを応援することから、清須市の子育て支援はスタートします。大きな経済負担になりがちな不妊治療を助成金で利用しやすくし、さらに対象を特定不妊治療にまで広げ、自己負担額25万円までを全額、市が負担します。
※保険適用外の治療は対象外となります

  • 不妊治療の助成金
  • 出産給付金
  • パパママ教室

乳児期向け支援の紹介 定期訪問・いつでも相談窓口
産前・産後のママを独りにしません

出産後、ママの体力が戻っていないにも関わらず、子育ては待ってくれません。そんなタイヘンな時期に独りにならないように清須市がバックアップ。
産後も給付金が出るほか、定期訪問や相談などを通じて、保健師や子育てコンシェルジュがあなたの子育てに寄り添います。

保育士と遊ぶ赤ちゃん、見守るお母さんの様子
  • 出産・子育て応援給付金
  • 保健師、助産師、子育てコンシェルジュ
  • 乳児・乳児訪問
  • 乳幼児健康相談
  • 赤ちゃん訪問(2回/6か月、10か月)
  • 1万円分のおむつ券
  • ブックスタート
  • 親子ふれあい広場
母と子の健康

幼児期向け支援の紹介 市内の小学校区すべてに保育園あり
育休中でもお預かりします

親としてのあなただけではなく、あなたという個人のチャレンジも応援したい。清須市は市内に公立の保育園が12園あるためどの地区にお住まいでも、近くの保育園にお子さまを通わせることができます。みんなで同じ学区の小学校へ通えるので、こどもたちも嬉しそうです。
また、子どもが2歳児以上の場合は育児休暇中も退園の必要がないため、ゆとりをもってお子さまと向き合っていただけます。私立幼稚園の授業料や給食費などの給付金もあります。
※2歳児以上のこどもが保育園やこども園に在籍の場合、保護者が育児休業を取得しても退園せずに在籍し続けられます。

保育園児対象のさつまいもや大根の収穫体験

▲保育園児対象のさつまいもや大根の収穫体験

  • 公立の保育園に預けたい
  • 公立の幼稚園に通わせたい
  • 私立の幼稚園に通わせたい(給食費等の無償化について)
保育について

小学生向け支援の紹介 お祝いでランドセルを贈呈
放課後の居場所もいっぱい

清須市の子育て支援のなかで最も喜ばれているのが、小学校入学時の「ランドセル」と安全帽、防犯ブザーの贈呈。けっして安価ではないランドセル購入の負担を減らせるよう、清須市になって以来、ずっと続けています。また、小中学校の教室・体育館の空調を完備。放課後も児童クラブや実質無料(※)の子ども教室を利用できるなど、、こどもが快適に学べる環境や居場所づくりにも力を入れています。
※保険料(500円)のみお支払いいただいています。

小学校の通学の様子(イメージ画像)
  • ランドセル、安全帽、防犯ブザー贈呈
  • 小学校の教室、体育館に空調完備
  • 放課後児童クラブ、放課後子ども教室
    ※保険(500円)にご加入いただいています
  • 不登校児へのケア(教育支援教室)
  • こども会
  • サタデーキッズ
放課後子ども教室 放課後児童クラブ

中学生向け支援の紹介 週末も、退屈しない
スポーツやアートなど学校外の学びも豊富

学校での部活動のほかに、こどもの体力向上やさまざまなスポーツを経験する機会として、体育協会所属のチームやスポーツクラブが充実しています。種目は野球やサッカーなどの定番から、柔道・剣道などの武道、ダンスまで幅広く。市内にある美術館では、多彩な文化やアートに触れることができます。

中学校の授業の様子(イメージ画像)
  • 中学校の教室、体育館に空調完備
  • スポーツクラブ
  • 市体育協会
  • はるひ美術館
  • 不登校児へのケア(教育支援教室)
  • 生活困窮者への学習支援
  • ブレザー制服の導入 ※令和7年度に導入予定
スポーツについて

高校生向け支援の紹介 私立高校の授業料を補助
16~18歳までの入院・通院医療費
補助も

高校の部活動の様子(イメージ画像)

お子さまが私立の高校へ進学した場合、授業料などの補助金を活用していただくことができます。また、16~18歳まで入院や通院にかかる医療費も助成していますので、万が一のけがや病気のときも安心です。

  • 私立高等学校授業料等補助金
  • 16~18歳までの入院・通院医療費の助成
子ども医療費助成

全体的な子どもへの支援の紹介 医療費の補助、だけじゃない
切れ目ない支援がある

清須市では、こどもを授かるところから育て上げるまで、お子さまの成長に合わせて切れ目のないサポートを受けていただけます。もちろん、他の市町と同じように生まれたときから18歳まで医療費は自己負担なし。他にも育児や家庭のことならどんなこともご相談いただける「こども家庭センター」や、子育てに関する地域の情報がひと目でわかる「地域情報共有プラットフォーム」などもあります。ひとりで悩むことなく、ぜひ気軽に頼ってください。

  • こどもの医療費
  • こども家庭センター
  • 地域情報共有プラットフォーム
  • 家庭教育支援
こども家庭センター

清須市の紹介 名古屋の隣。
清須は、都市にも自然にも近い
コンパクトなまち。

名古屋まで10分。通勤・通学、レジャーに便利。
清須市は、名古屋市のとなり町。交通の便が良く、JRや名古屋鉄道のほか、高速道路も通っているため周辺都市へのアクセスは抜群。通勤や通学に、あるいは週末のレジャーに便利なロケーションです。

桜の名所も。市内に3つの川が流れる水のまち。
清須市内には主に庄内川のほかに、新川、五条川の3つの川が流れる水のまち。四季によって表情を変える景色を楽しむことができます。